今日は二冊

西野 亮廣 「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」

 

キンコン西野の本。

この人なんとなく嫌いやったけど、それは完全にネットの片側の意見だけにながされていたなぁと反省した。

かなりいい本やったと思う。

ただ、この人自体があまりおもしろくないのは確か。これは仕方ない。

嫌いではなくなったしすごいと思うけども、おもしろくはない。

 

芸人つながりで次の本。

 

向 清太朗 「ただのオタクで売れてない芸人で借金300万円あったボクが、年収800万円になった件について。」

この人は個人的に元々好きな人。おもしろい。

本自体はまぁ分かりやすく意識が変わればって話の本。まぁ普通やけど、向がおもしろいから読んだ。

 

西野のほうがビジネスよりで、向のほうがメンタルよりかな。

 

おすすめは向のほうで、西野嫌いって人は西野の方読んでみて!

年末の読書候補にでも入れたげて。

コメント